【無印よりおすすめ】授乳ライトはニトリの持ち運べる電池式LEDライト(ホルン)が最高に使いやすい!防災やアウトドアにも。

ニトリのLEDライト(ホルン)。授乳ライトに超おすすめ。

ニトリのLEDランプ(ホルン)と無印良品の壁につけられる家具・フック

こんにちは、ゆるぴたです。

ニトリ…好きですか?わたし的には、安さにつられて選ぶと失敗することもあって注意が必要…だけどたまにすごく「これ最高!」ってモノが見つかるのがうれしいお店です。

今日はそんなわたしが購入して大満足だったニトリの「LEDライト(ホルン)」(税込み2,027円)を紹介します。

とくに、夜中の授乳用ライトをお探しのママさんには大・大・大プッシュしたい!!!

ちなみに夜間授乳を卒業した今でも寝かしつけに大活躍しています。

無印良品の「LED持ち運びできるあかり」(税込み6,980)と比較検討した結果、わたしがこちらを選んだ理由もお話ししています。授乳ライト選びに迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

 

電池式で持ち運びでき、使う場所を選ばない。

床置きでも、つり下げても。

ニトリのLEDランプ(ホルン)

わが家では寝室となっている和室で使用しているこのライト。

就寝時はこのように床置きした状態で枕元に置いています。

ニトリのLEDランプ(ホルン)と無印良品壁につけられる家具・フック

就寝時以外は、壁に取り付けた無印良品の「壁につけられる家具・フック」にかけています。

重さは約250g。軽い!

電池式なのでコンセント不要・じゃまなコードもなし。

ニトリのLEDランプ(ホルン)

電池は別売りで、本体底面に単三電池を4本入れて使用します。うちは充電池を使用。

充電する手間やじゃまなACアダプターが必要ないのはうれしい!

操作も見た目も超シンプル!

本体ごと下方向にカチ、と押すだけ。

ニトリのLEDランプ(ホルン)を持つ子ども

スイッチはありません。というか、本体全体がスイッチです。暗い中手探りでスイッチを探す必要がありません。

本体全体を下方向にカチ、と押すことで点灯・調光・消灯ができるというシンプルさ。

取っ手の部分でも、ライトの部分でも、どこでも押せてきちんと反応します。

もしくは、吊り下げた状態では底面中央を押すと、同じように操作できます。

シンプルを極めたミニマルなデザイン。

ニトリのLEDランプ(ホルン)と無印良品の壁につけられる家具・フック

超シンプルなデザインで、和室でも洋室でも違和感なくなじみます。

やさしい曲線のフォルムと表面のマットな質感。全体的にソフトな印象。取っ手の部分は、抑えると少しだけ曲がります。

ライトの光もやわらかい感じです。

ぴたぱん
子どもでも簡単に使えて、危なくない!

明るさは3段階。

ニトリのLEDランプ(ホルン)夜中の授乳に便利なライト

こちらは消灯状態から1回スイッチを入れた、明るい状態。うちではこれで絵本を読みます。

 

ニトリのLEDランプ(ホルン)夜中の授乳に便利なライト

次が一段階暗くした状態。夜中の赤ちゃんのおむつ替え、授乳はこのぐらいがちょうどいいと思います。

 

ニトリのLEDランプ(ホルン)夜中の授乳に便利なライト

最後が、常夜灯の状態です。もう一度スイッチを切り替えると消灯します。

普段の灯りとして、防災用品として。

寝かしつけ

夜、絵本を読んでからの寝かしつけのとき使っています。読み終わったら灯りを一段階暗くして…徐々に子どもを眠るモードに切り替えていくのに、ちょうどいいです。

夜中の授乳をしていた時期に買っていればよかった~~~~~!今現在、夜中にがんばっているママさんたちに、めちゃめちゃおすすめしたい!!!!

あ!出産祝いにプレゼントするのもいいですね!ずっと使えるし。

和室とライト

他にも普段はベッドサイドの照明として使い、非常時には防災用品としても使えるのでとてもおすすめ。

夜間の地震で停電した時に備えて、いつも枕元に灯りを置いて寝ると安心です。

実はアウトドアでも使える防沫仕様(防水レベル:IPX4)とのこと。

ということは、停電時にお風呂に持ち込める!

便利すぎて、両親や義両親に防災用品としてプレゼントするのもいいかも!(どんだけプレゼントしたいんだ)

うちも、もう1つ買い足したいくらいお気に入りです。

無印良品の「LED持ち運びできるあかり」と比較。

わたしが無印よりニトリのものを選んだ理由4つ。

ニトリのLEDランプ(ホルン)と無印良品壁につけられる家具・フック

実は同じようなコンセプトの商品が無印良品にもあります。

購入前にそちらと比較した結果、わたしがニトリのものを選んだ理由を最後に付け加えておこうと思います。

①価格面。

無印良品のものは「LED持ち運びできるあかり」という商品名で6,980円です。(た、高い…!)

対してニトリのLEDライト(ホルン)は2,027円。3分の1以下の低価格!

ぴたぱん
授乳目的のためだけに7,000円近く出すのはちょっと躊躇しました…。

②充電式と電池式の違い。

無印のものは充電式で、充電用のACアダプターやコンセントが必要です。いちいち充電場所に戻さないといけないというわずらわしさがあります。

ニトリのものは電池式なのでそれらがありません。好きな時に好きな所で充電を気にせず使えるし、停電時にも電池式の方が安心です。

③ひっかける部分の使いやすさ。

デザインは個人の好みによるところですが、フック型の無印のデザインは、ひっかける場所や形状によってはかけられなかったり安定感がないかもしれないなと感じました。

④自分のニーズに合うシンプルな機能。

無印のものには、スリープ機能などニトリのものにはない機能があります。が、わたしのようにシンプルな調光のみできれば充分という方には断然ニトリのものがおすすめです!

以上4点が、ニトリのものを購入することにした理由です。

ニトリのLEDランプ(ホルン)と無印良品の壁につけられる家具・フック

夜間授乳やおむつ替え、本当に本当に大変ですよね。

今まさに頑張っているママさんの授乳ライト選びの参考になればと思います…!

下に、各サイトの商品ページリンクを記載しています。

では!