【100均グッズで】ショッピングカートのおもちゃの作り方!インテリアになじむシンプルなものを簡単手作り。

おもちゃのカートを押す子ども

100均グッズだけで、シンプルなショッピングカートのおもちゃを手作りしてみたらなかなかイイ感じでした。

こんにちは、ゆるぴたです。

最近スーパーに連れて行くと、ショッピングカートを押したくてしょうがない2歳の息子。

家ですきなだけ押したらええやん!と思うものの、既製品のおもちゃカートといえば、ファンシィ~なパステルカラーのものが多く、お値段もちょっと高い。

わが家のリビングになじむシンプルな見た目で、もっと安くDIYで作れんかいな!と先輩ママさんたちの作品やアイデアを、Instagramやネットで探し回りました。

 

おもちゃのカートとかご

中でもこれええやん!と思ったのが、かごとカートを分離できるタイプのもの。

キャスター部分などを自分なりにアレンジして作ってみたところ、息子に好評だったので作り方を紹介したいと思います。

材料はすべて100均。合計1,100円+税。

始めに購入したもの。

手作りカートの材料

カート本体のパーツは黒で統一、かごはスーパーでよくみかけるような緑にしてみました。

・アルティメット買い物かご(ネイビーもあったよ!) 200円+税(DAISO)

・折りたたみレジャーイス 300円+税(DAISO)

・結束バンド黒 100円+税(DAISO)※これは10㎝ですが、短くてとめにくいところがあります。15㎝のものだととめやすいけど太くてとめられない部分がでてきます。1、2か所とめられなくても他の部分でしっかりとまっていれば問題はないです。お好きな方を。

・キャスター3㎝プレート2個入り 100円+税×2(SeriaもしくはDAISO)

・A4デスクラック 100円+税(SeriaもしくはCan★Do)

はじめキャスターをイスに直接取り付けられないか試してみたのですが、安定感にかけたため下のものを買い足しました。

追加で購入したもの。(キャスター台となる部分)

手作りカートの材料

・耐候結束バンド30㎝ 100円+税(SeriaもしくはDAISO)25㎝でもよき。

・WPCフォトフレームはがきサイズ 100円+税(Can★Do)これは枠のみ使用。

ぴたぱん
というか、100均にあるワイヤーのキャスター台をまるっと使ってもできるよ。色の統一感などにこだわらなければそっちの方が簡単で作りやすいはず!

作り方。ひたすら結束バンドでとめていくのみ!

①キャスター台を作るよ~。

おもちゃのお買い物カートの作り方

まずこんな感じのキャスター台を作っていきます。

フォトフレームの枠に結束バンドでキャスターを取り付け。

ツメを折ったフレーム

フレームについてる4つの金属のツメは危ないのでとっときましょう!手で何度かぐにぐに動かすと根元からぱきっと折れます。

根元にかすか~~~~に残りますが、子どもがさわってけがをする可能性も0ではないので、ビニールテープなどで上からガードするといいかも!

結束バンド

フレームの角にそれぞれキャスターを取り付けます。

キャスターのプレート穴のうち、外側の角1つを残し、結束バンド(10or15㎝)2本できつーく固定します。余ったバンドははさみでカットしました。(これについては後程注意があります。)

これを、フレームの角4つすべてに行います。

 

おもちゃのお買い物カートの作り方

こんな感じ。

 

フレームで作ったキャスター台

ひっくり返すとこう!キャスター台の完成~。

 

②かごをのせる部分を作るよ~。

おもちゃのお買い物カートの作り方

次はデスクラックを折りたたみレジャーイスの座面部分に取り付けていきます。

ぴたぱん
カートっぽくなってきた~

 

おもちゃのお買い物カートの作り方

結束バンド(10or15㎝)で、左右の側面それぞれ3点、計6か所をしっかり固定します。

座面のポールにラックが乗っている部分と、背もたれのポールにあたる部分です。見えるかな?

 

結束バンドの止め方

ラックにちょうどよく穴が開いてるのでそれを利用するとナイス!

③キャスター台をとりつけるよ~。

キャスター部分

①で作ったキャスター台を、②のイスの脚に取り付けます。

満を持して耐侯結束バンド(30㎝)の出番です。がっちり固定していきまっしょい。

 

結束バンド

まずキャスターの内側、フレームの枠とイスのポールを結束バンドで固定します。計4か所。

その次に、キャスターの外側のプレート穴2つとイスのポールを通して結束バンドで固定します。これも計4か所。

 

キャスター部分

こんな感じで8か所がっちり固定できたらOK。

写真は、キャスター台を作った時の結束バンドの留め具の位置が干渉し、左のキャスター2つは太い結束バンドが入らず細い方を使っています…。

ぴたぱん
いきあたりばったりで試行錯誤したからね…

【注意】結束バンドの切り口は安全のための配慮が必要!

結束バンドの切り口

結束バンドの余った部分ははさみでカットしましたが、切り口はけっこう鋭利になっています。

子どもがなるべく触らないよう留め具の位置をキャスターの裏側にくるようにするとか、パーツのでっぱり部分に隠れるようにするなどの配慮が必要です!

⑤完成!

手作りのお買い物カート

はい!できあがりーーーー!

結束バンドのしめすぎで、手が痛いですよね。お疲れ様です。

でも、これを見た時の子どもの目の輝きと喜びようを見たら、きっと痛みもふっとぶと思います。

わたしも、「ママ作ったの!?すごーいじゃーん!」とお褒めいただきました。母ちゃんうれしい!

 

おもちゃのカートを押す子ども

ちょっとやそっと乱暴に扱われてもびくともしません。動きもなめらかです。

手でくるくる回しても倒れず、安定感抜群。

 

リビングのツリーと子どもスペース

リビングの子どもスペースに、いい感じでなじんでるんじゃないでしょうか!(自画自賛)

ちょうどツリーと色が合ってるやーん!よし、これ今年のクリスマスプレゼントってことにしよっ。

 

遊び方はアイデア次第でいろいろ。

おもちゃのお買い物カートを押す子ども

かごをのせて、おままごとの食材でお買い物ごっこをしたり。

かごを外してぬいぐるみをのせ、ベビーカーのようにお散歩ごっこしてみたり。

おままごとの料理を載せて運べばレストランごっこもできちゃいます。

遊ばなくなったら、パーツ本来の用途で利用可能。

手作りのお買い物カート

せっかくDIYしたおもちゃも、使わなくなればただのゴミ…。

でも今回は、デスクラックや折りたたみレジャーイス自体に手を加えていないので、そのまま本来の用途で使用が可能。

結束バンドをはさみで切れば、簡単に分解できますよ。

そのため、あえてイスのシート部分や脚の紐部分をそのままに。

イスとしてはもう使わない!ということであれば、はさみなどで切って取り外すとさらに見た目がスッキリシンプルに。

 

手作りの買い物カート

ただし背もたれの布だけは、カゴが落ちないようガードの役目をしているので、取り外さないでくださいね。

 

キャスターとかご

こんな感じで、分解後はキャスター台をカゴの底に取り付けて、収納に使うのもいいな~なんて。

それまではなるべく長く、たくさん遊んでくれるといいなと思います。

手作りおもちゃは自己責任で、楽しく安全に。

おもちゃのカートを押す子ども

ここにきてちょっと真面目な注意点とお願いを。

今回使用した商品は、子どもがおもちゃとして遊ぶことを想定して販売されているものではありません。

あくまで素人が安全基準などの知識を持たずに作った工作です。

使用する環境や、使い方によっては思わぬ事故やケガをすることがあるかもしれません。

つかまり立ちや、よちよち歩きの子が、歩行器がわりにしたりするのも絶対にダメです!

なるべく遊んでいるときは目を離さないで、カートによじ登ったり、足をかけてすべるなど、危険な遊び方をしないよう注意してください。

どうか、保護者の方自身でしっかり吟味し、その判断とご自身の責任のもと制作してください。

もし何かあってもゆるぴたは一切責任は負えませんし、何よりお子さんの安全のために、よろしくお願いします!

 

100均はやっぱりすごい。

リビングのツリーと子どもスペース

長い記事でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

ぶっちゃけ作るより、材料を求めて2歳児を連れて100均でお買い物をするのが一番大変でした。

おもちゃ売り場をしっかり覚えていて、一度連れていかれるとなかなか動かない…。

いやほんと100均て色々すごいですよね。(着地点そこ?)

お子さんと過ごす楽しいおうち時間のための、何かのヒントになればうれしいです。では!

ゆるぴた
安全第一で、楽しく遊ぼ~!
シェアしてね