【もみあげの処理】わたしのお手入れのやり方。顔まわりの印象がスッキリ垢抜け!

お手入れ後のもみあげ。

突然ですが、自分のもみあげがどんな感じか意識したことってありますか?

 

こんにちは、ゆるぴたです。

わたしがもみあげの処理を始めたきっかけは、夫の

「ゆるぴたのもみあげって男前だよね」

の一言です。(つら〜〜)

眉や鼻の下は自分も正面から鏡でよく見るのでこまめに処理していても、横顔やもみ上げ部分は意外とそのまんまだったんです…。

髪を耳掛けしたり結んだりすると他人からは良く見えるもみあげ!
そうそう、マスクしてても見えるよね。

処理する必要がないくらい薄めだったり短めで女性らしいもみあげの方も多いと思いますが…(うらやましい〜〜〜)

というわけで、

今日はわたしのもみあげのお手入れ方法を紹介します。

 前半は切る、剃るといった基本処理について。
 後半は自己流の脱色について。(※注意アリ!)

 

ぴたぱん
※脱色はあくまで自己流ですのでおすすめはしません!もし参考にされる場合は完全に自己責任でお願いします!

まずはお手入れのビフォーアフターがこちら。


左がビフォー、右がアフターです。
いきなり耳元アップの画像ですみません…。
初めて処理する前はビフォーよりもっともっさりしていました。
理想のもみあげの長さや濃さは人それぞれだと思いますが…。
わたしは耳の下半分〜穴ぐらいの長さの三角形でふわっと薄く見えるように整えています。

わたしのもみあげ処理のやり方【基本処理】

①ガイドになる形を描く。

耳にかけられる髪は束ねたりピンで止めたりしておきます。

かけられなかった部分(もみあげ)をまっすぐ下におろして。

理想のもみあげの形をアイライナーやアイブロウなどで直接肌に描きます。

(画像ではわかりにくいけど、白い線の部分)

 

②ガイドからはみ出た毛を切る。

眉バサミを使ってガイドの線からはみ出ている部分をカットしていきます。

眉毛をカットするのと同じ要領で、スクリューブラシで左右にとかしながらはみ出た部分を切るといいですよ。

(画像は片手で写真を撮っているため、スクリューブラシが持てませんでした…。)

ぴたぱん
けがしないようにゆっくりね!

 

③ガイドの外側を電気シェーバーで剃る。

線の外側部分を電気シェーバーで剃ります。

ついでに頬やえらあたりの産毛も気になったので処理。

顔色が明るくなります!


はい、ここまでが基本の処理です。

これだけでも毛の量が少ない方や毛が細い方はきれいに整うと思います。

実際わたしが初めてもみあげ処理をした時、ネットで色々検索して調べたやり方はだいたい上記のやり方でした。

ただ、わたしのように毛が太めでしっかりしている男前なもみあげの場合。

もう少し薄く、存在感をなくしたい…なんなら産毛っぽくしたい!

とか思うわけですよ。

というわけで、続いて行っているのが「完全自己流、自己責任の脱色」です。

 

わたしのもみあげ処理のやり方【自己流の脱色・注意アリ!】

いくら薄くしたいからといって、間違ってもガイド内の毛を短く刈り込んじゃダメですー!!!

ジョリジョリの伸びかけ坊主頭、もしくはになります。(←経験済み)

すきバサミを持っている場合はすくといいかもしれません。

わたしの場合は手持ちの脱色クリームで脱色しています。
毛を減らすのではなく、毛の色を薄くして産毛のように存在感を薄くする作戦です。

【注意!】

市販の脱色クリームは身体用のもので、本来顔に使用することはできません!

ですのでこれは完全に自己流&自己責任の方法ですのでご了承ください。

ぴたぱん
わたし自身、一度肌荒れしやすい時期にヒリヒリして皮膚が赤くただれたことがあります…。脱色クリームって刺激が強いんです…!

①基本処理のあと、脱色クリームを塗って5分待つ。

まずは基本処理で整えた後、残したもみあげ部分に脱色クリームを塗布します。
わたしのつかっている脱色クリームは1剤と2剤を混ぜて使うタイプ。
チューブタイプで、使いたい分だけ出して残りは保管できます。(ここだけの話、眉毛の脱色にも使っています←当然自己責任)
素手で塗ると手が荒れるので、綿棒や使い捨て手袋などを使って塗っています。
周りの皮膚にワセリンを塗って保護しておくのもおすすめ。
わたしはだいたい5分くらい放置します。髪の太さや傷み具合で放置時間は異なると思います。
ぴたぱん
長時間放置はトラブルの元なのでくれぐれも注意!

②クリームを拭き取り、洗い流して、保湿。

脱色クリームをおおまかにティッシュなどでふきとり、残りはしっかり洗い流します。あと保湿も。
もみあげが脱色されて薄く見えるのがわかりますかね??
わたしは髪の毛を茶色くカラーリングしているので、このぐらい薄い色の方がなじみがいい気がします。

もみあげを処理すると、顔まわりがスッキリ女性っぽさUP!(当社比)

最後にもう一度全体のビフォーアフター。
わりと自然な感じで短く、薄くできているんじゃないかと思うんだけど…どうでしょう!?
ちょっとの差ですが、横からはもちろん意外と正面から見た時の雰囲気も変わります。
もう男前なんて言わせないぜ…。(←根に持ってる)
基本の処理は眉毛のお手入れ道具でできるので、今まで気にしてなかったという方も、気軽にぜひ。
では、今日はこの辺で。

▼何年も愛用中の、本体が丸ごと水洗いできるお手頃なシェーバー。1本あると便利!

▼無印のステンレス眉バサミ。

▼わたしはメンズ用の強力なタイプを使っていますが、こちらは敏感肌のボディ用脱色クリーム。眉毛の脱色に使う方も多いみたいです。(しつこいですが自己責任)

▼お気に入りのマスクについてはこちらの記事で。
関連記事

ファッション目線で、自分をきれいに見せてくれるお気に入りのマスクを見つけました! こんにちは、ゆるぴたです。 コロナ感染防止のため、外出時のマスク着用がすっかり習慣になりましたよね。そろそろ気温が高くなり、使い捨てマスクや手作りした[…]

グリーンのワンピースと夏用の接触冷感マスク