バター不使用の簡単なオールドファッション風たまごドーナツの作り方。【うちの定番・手作りおやつ】

家にある材料と普段使いの道具で、ささっと作る日常のおやつ。

ドーナツを持つ子ども。ティーマのプレートとマグ。

こんにちは、ゆるぴたです。

今日は【うちの定番・手作りおやつ】シリーズ第2回目です。

・いつも家にある材料

・普段使いの道具

・思い立ったらすぐに作れる

こんなコンセプトで、わたしが日々気軽に作っているおやつのレシピを紹介します。

今回はオールドファッション風たまごドーナツ。サクふわ食感の軽めドーナツです。オールドファッションとたまごドーナツの間みたいな感じかな?

ドーナツって油で揚げたりするし…なんとなくめんどうなイメージがありましたが、実はから揚げを作るのと変わらない!ドーナツ型もなくて平気だし、ワンボウルで混ぜてフライパンで揚げ焼き、という手軽さ。

前回紹介したパウンドケーキに引き続き、今回もバターではなくサラダ油を使う気軽なレシピです。強力粉を混ぜるともっとオールドファッション寄りになるのですが今回は薄力粉だけで。

子どもウケも抜群の素朴な甘さのドーナツ、おいしいですよー!

ぴたぱん
簡単なのでぜひ作ってみてください!

 

バター不使用のオールドファッション風たまごドーナツの作り方。

材料はこちら。(ドーナツ6個+α分)

パウンドケーキの材料

牛乳・塩・砂糖・薄力粉・サラダ油・ベーキングパウダー・卵(画像は2個ありますが使うのは1個です)

…デジャヴ?はい、以前紹介したパウンドケーキの材料と全く同じです!画像も使いまわしました。すみません…。

計量スプーンと調味料容器

材料をグラムで計量するのはめんどうなので、今回もすべて大さじと小さじだけでやっていきまーす。

作り方①材料をボウルに入れて混ぜる。

ボウルに入れた材料を混ぜる。

[サラダ油大さじ2、砂糖大さじ4、塩ひとつまみ]をボウルに入れて混ぜます。

[卵1個、牛乳大さじ1]を加えてさらに混ぜます。あればバニラエッセンス少々も。

相変わらずわが家のホイッパーは電動泡立て器のパーツです…。笑 よく混ざればOKです。

②粉を合わせてふるい入れる。

粉ふるい

[薄力粉大さじ15(逆に面倒な人は200gはかってね)、ベーキングパウダー小さじ1]をボウルにふるい入れます。わが家は好みでシナモンパウダーも加えています。もちろん入れずにプレーンでOKです。

そして今回も安定の柄付きざる~。粉ふるいなんておしゃれなもんはうちにはないからな(By「きのう何食べた?」シロさん)

小麦粉を大さじで計量するときは、画像のようにしっかり型が残るぐらい大さじにギュッと入れる感じで計量してください。

ぴたぱん
何杯いれたか数えやすいしね

③ヘラで切るように混ぜる。

ヘラで着るように混ぜる

ヘラを使い、こねないように切る感じで混ぜていきます。

ボウルの底に沿ってぐるっとすくい上げては、ヘラで線を描くように何度か切る。これを根気よく繰り返します。

粉っぽさがなくなるまで混ぜる

粉っぽさがなくなって混ざったらOK。

ちなみにヘラは無印のシリコーンスパチュラ。わが家ではフライ返しとして毎日活躍しているキッチンツールです。

④生地をラップに包んで冷蔵庫で30分冷やす。

平たく伸ばした生地をラップに包んでいる。

生地をこねないように手でぎゅっとまとめて、ラップに包み、冷蔵庫で30分寝かせます。

全部で輪っか6個+αができるのですが、息子と二人だと多いので生地を2つに分けて1つは冷凍保存することも。

わたしはあとで伸ばすのがめんどうなので、この時点でラップの上から1cmくらいの厚さにのばしておくズボラっぷりです。

生地を寝かせている間にボウルやざるなどを洗ったりして待ちます~。

ぴたぱん
冷蔵庫で寝かすと、生地の中の水分量が均一になるのと、生地が少し硬くなって型抜きしやすくなるらしいよ~。

⑤生地を型抜きする。ドーナツ型はコップとペットボトルのフタで代用。

ドーナツ型はコップとペットボトルで代用

冷蔵庫から生地を出したら型を抜いていきます。

ドーナツ型は持っていないので、コップとペットボトルのフタで代用。

コップとペットボトルのフタでドーナツ型を代用する。

大きい丸をコップで、中の小さい丸をペットボトルのフタで抜きます。

生地をつつんでいるラップを開いて、その上で型抜きすると台が汚れません。生地がやわらかくてやりづらい場合は表面にうっすら打ち粉をしてください~。多少形がいびつでも、揚げちゃえば膨らむので気にしない~!

中の小さい丸はそのまま、生地の切れ端は集めて1cmの厚さぐらいの小さな丸にして揚げます。(こねないように!)

小さな丸のドーナツになって、子どもは輪っかより食べやすいみたいです。

ぴたぱん
型抜きは子どもと一緒に♪

⑥両面を油で揚げたら完成!

フライパンと揚げ油

フライパンに油を1~1.5㎝くらいの深さで入れて、揚げ(焼き?)します。(油ケチる)

油の温度はちゃんとはかってないのですが、参考にしたいくつかのレシピは160~170度とありました。

わたしのイメージ的には弱めの中火で温度をあげすぎない感じ。(アバウト…)

フライパンでドーナツを揚げる

裏側がきつね色になったらひっくり返します。

フライパンでドーナツをきつね色に揚げる

もうなんか泡で揚げてる感じです。

揚げたてのドーナツ

両面きつね色に揚がったら完成~~~!

できたて最高!冷めてもおいしい。

揚げたてのドーナツ

写真撮ってたら1個焦がしました。すでに息子に1つ取られてますが、6個+αでこれぐらいの量になります。

 

揚げたてのドーナツのアップ

揚げたてのサクふわ感はもうたまりません~。冷めてもサクサク感はそのままでおいしいです!

ぴたぱん
できたてが食べられるのは手作りの醍醐味!

ドーナツがいつでも簡単に作って食べられるって幸せ~。

バターなしの手作りたまごドーナツとコーヒー。ティーマターコイズのプレートとマグで。
以上、家にあるもので簡単に作れるドーナツを紹介しました。
ドーナツって急に食べたくなる時ありますよね~。いつでも簡単に作って食べられるとうれしい!
ミスドももちろん大好きだけど、わたしにはたま~のおたのしみくらいでちょうどいい。普段はこんなシンプルで素朴なドーナツをおうちで食べるのがほっこりして好きです。
とても簡単なのでぜひ気軽に作ってみてください!では!
▼前回は同じ材料で簡単なパウンドケーキの作り方を紹介しました。こちらもおすすめですよ~。
関連記事

家にある材料と普段使いの道具で、ささっと作る日常のおやつ。 こんにちは、ゆるぴたです。 日常的に簡単なおやつを手作りしています。市販のお菓子も超食べますが…。(超食べるのはやめたい) 甘いものが食べたいときに買いに行か[…]

焼きたてのパウンドケーキ
▼レシピ収納や道具の工夫などはこちらで紹介しています。
関連記事

おやつ作りを気軽に楽しむために工夫していること。 こんにちは、ゆるぴたです。 おやつ大好きだけど、基本的に料理も片づけもめんどくさいと思っているぐーたら主婦です。 そんなわたしが、子どものため&自分のダイエット[…]

計量スプーンと調味料容器
シェアしてね