牛乳パックを使ったパウンドケーキ型の作り方と注意点。【うちの定番・手作りおやつ番外編】

牛乳パックで焼くパウンドケーキ

こんにちは、ゆるぴたです。

家で食べるおやつとして、簡単なパウンドケーキを頻繁に作っているわたし。

オーブンで焼く際、専用の型を持っていないので牛乳パックで代用しています。

タダで使い捨てできて、めんどうな洗い物もなくなるので便利ですよ~!

ぴたぱん
注意点もあるよ

①牛乳パックを切る。

牛乳パックで作るパウンドケーキ型

牛乳パックは口を開いてよく洗い乾かしたものを用意します。

写真のように側面のひとつをはさみで切ります。

②ホッチキスでとめて、型の形に。

牛乳パックで作るパウンドケーキ型

口の部分をたたんで、ホッチキスで止めます。型はこれでできあがり!

③オーブンシートを用意。折り目をつける。

牛乳パックで作るパウンドケーキ型

オーブンシートはA4よりちょっと大きいかな?くらいのサイズです。これは幅30㎝のクックパーのクッキングシート。

牛乳パックを包むようにあててだいたいの折り目をつけたら、広げてもう一度しっかりあとをつけます。

シートの真ん中の長方形部分が、型の底部分になります。

④オーブンシートを中に敷いたら完成!&注意点。

牛乳パックで作るパウンドケーキ型

牛乳パックで作った型の中にオーブンシートを敷きます。

底を合わせて、角の余った部分は重なるように折りたたみます。ちょっとぐちゃぐちゃになっても大丈夫。

仕上げに上のフチ部分は外側に折り返します。

注意点:牛乳パックは表面がポリエチレンでコーティングされていて、オーブンの熱で溶けます。生地に牛乳パックが触れないようしっかりオーブンシートで覆ってください。

オーブンで焼く時の注意。

牛乳パックで作るパウンドケーキ型

上記でも注意していますが、ここでも。忘れがちなので気を付けたい!

注意点:牛乳パックの外側のコーティングがオーブンの熱で溶けると天板にくっつきます。天板にアルミホイルなどを敷いてガードしてください!

身近にあるものを上手に使って、気軽に手作り。

焼きたてのパウンドケーキ

牛乳パックを使ったパウンドケーキ型の作り方と、注意点を紹介しました。

わが家ではこのやり方で問題なくおいしいパウンドケーキ作りを楽しめています。

安全性について。注意しながら自己責任で!

牛乳パックを型に使用することについて調べてみたところ、クックパッドでは下記のように注意が記載されていましたので、試してみたい方は合わせて参考にしてくださいね。

牛乳パックなどをケーキ型に使用する際の注意

牛乳パックについてメーカーに問い合わせたところ、

「内側のコーティングのポリエチレンは規格が法律で定められており、食品容器としての安全性は確立されております。ただし、110℃から溶けはじめるため、無害ではありますが溶けたポリエチレンが食品に付着する可能性がありポリエチレンも一緒に口に入れてしまう可能性が充分に考えられます。」

との回答をいただきました。
使用の際には、オーブンシートを敷くことをおすすめします。

また、紙コップや空き箱の使用や、ホチキスなどの金属製品で箱の接合部分を固定してレンジ加熱を行ったことによる発火の報告も入っております。

※ 電子レンジ等の調理器具を利用の際には、取扱説明書に従ってください。

引用元:COOKPAD 牛乳パックなどをケーキ型に使用する際の注意

ぴたぱん
なるほど!

自己責任で、注意しながらラクに手作りおやつを楽しみたいですね。では!

 

▼わたしがよく買うお得な大容量オーブンシートはこちら。

▼家にある材料と普段使いの道具ですぐに作れる!計量もラクな簡単パウンドケーキのレシピはこちら。たくさんの方が定番にしてくださいましたー!
▼牛乳パックもないときは、グラタン皿でも焼ける!準備も片付けもラク〜。
関連記事

一番簡単で洗い物が少ないパウンドケーキの焼き型にたどり着いてしまったかもしれません。 こんにちは、ゆるぴたです。 以前、家にあるもので簡単に作れるパウンドケーキのレシピとパウンド型を牛乳パックで代用する方法を紹介しました。 […]

ティーマスクエアで焼いたケーキ